副業の注意点

飲食業やweb副業に関わらず、副業には気をつけなければならない点が多くあります。最近導入されたマイナンバーもそれにあたります。正社員の多くの方は、住民税を給料から天引きにしています。そうすると、毎年、役所から従業員が本来払うべき住民税の料金が、本業の会社の方へ通知されるのです。副業などの内容や雇用形態などは詳しく知らされていなくても、本業のみの住民税の料金よりも多くなることで、本業の会社にも副業をしていることがバレてしまうのです。現在はアルバイトの雇用であっても、身分確認のために、マイナンバーを提出させるところが多くあります。そのため、ごまかすこともできず、一括で勤めている会社へと通知が届いてしまうのです。

こっそり副業をしている人にとってはできるだけバレたくないというのが本音です。このような通知がいかないために重要なのが、住民税を自分で管理するということです。かなり手間がかかるものの、副業がバレる心配はありません。もちろん、住民税自体は本業と副業分の合算なので、削減されるということはありませんが、会社に副業がバレてしまう心配はありません。ここで注意しないといけないのが、自分で納付するとなると、月によっての引きおとしではなく、基本的に1期ごとに一括で支払わなければなりません。一括となると収入によっては非常に大きな金額となってしまうため、毎月税金分を貯金しておくのがおすすめです。このように、許可なく副業するには様々な配慮が必要となるのです。