意外に簡単 光熱費の節約

節約となると常に気をつけなければならないのが、光熱費です。

一ヶ月で見ると数百円から数千円の違いですが、年間を通してみるとかなりの節約となります。

光熱費を節約するには、こまめなチェックと節約術が大きな役割を果たします。

例えば炊飯器の場合、炊飯が終わった後保温ではなく、コンセントを切るようにするだけで年間1186円の節約となり、洗濯に至っては電気代の安い時間に洗濯をするように心がけることで年間8500円の節約となります。

こまめにコンセントを抜いたり、家事の時間帯を変えることで光熱費を節約できるのです。

しかし、光熱費の節約はこれだけではありません。

家電の買い替えや契約の見直しでも光熱費は大きく変わります。

現在、一般企業でも電気の供給ができるようになり、格安の契約で販売しているところもあります。

契約変更となるとついつい面倒くさく思いがちですが、プランによっては年間で5万円近くの節約にもなります。

今、自分が利用している電力会社が一番お得かどうかを見直し、他の電力会社でどのくらい削減できるのかまずは相談に行くことが重要です。

また、最近は省エネ家電や電球が発売されており、これらの家電も光熱費の節約にとっては欠かせないものとなります。

日頃使っている電球をLEDに替えるだけでも、年間数千円~数万円の節約になりますし、電球の寿命が長いため電球の節約ともなります。

家電やこまめな電源オンオフで節約で年間の光熱費は大幅に削減できるのです。